ホットヨーグルトの驚くべきダイエット効果


温めたヨーグルトを食べるだけで、ダイエット効果があることをご存知でしょうか。
意外とあまり知られておらず、「え…?ヨーグルトを温めて食べるなんて…」と思われる方も多いのではないでしょうか。
ヨーグルトは冷蔵庫で保存して、冷やした状態で食べるものですよね。冷凍保存してシャーベットのように食べる方もいるかもしれませんね。

file000838839510

ヨーグルトには善玉菌の代表格とされる乳酸菌が豊富に含まれており、腸内の悪玉菌を減らし、体内の老廃物や毒素を排出してくれます。
ヨーグルトを食べると免疫力が高まるということでも有名で、花粉症などにも効くと言われています。

ヨーグルトがダイエットに効果的と言われているワケ

ヨーグルトに多く含まれているカルシウムには、体に脂肪を蓄えようとする副甲状腺ホルモンの分泌をおさえる働きがあるからなのです。
カルシウム不足に陥ると、体内に脂肪を溜め込もうとするホルモンが出っ放しになってしまい、太るというわけなのです。
カルシウム不足は骨に悪影響を与えるだけでなく、ダイエットにも悪影響を与えるということがわかりますよね。

ヨーグルトをホットにする理由

では、温めずにそのまま食べたらいいのでは?と思われる方もいらっしゃいますよね。
ヨーグルトを温めるということには、理由があるのです。
冷たいものを食べたり飲んだりすると、腸の機能が低下してしまいます。
そうなってしまうことにより、カルシウムの吸収率も低下してしまうのです。せっかく摂ったカルシウムをしっかり吸収するためにも、ホットにする必要があります。
また、ヨーグルトは温めることによって、乳酸菌などの善玉菌が活発に働くので、代謝UPにつながるとも言われています。

ホットヨーグルトの作り方と食べ方

プレーンヨーグルトをお皿へ盛り、500Wの電子レンジで約30秒程温めてください。
温めすぎてしまうと、今度はかえって乳酸菌が殺菌されてしまうおそれがあります。
ヨーグルトのプレーンが苦手…という方は、ヨーグルトにフルーツを入れて食べるといいかもしれません。
また、少量であればはちみつを入れてもOKです。
重要なのは毎日続けることですので、ご自分に合った食べ方を見つけて続けることが大切です。
食べる時間ですが、1日の中でいつ食べてもいいのですが、朝食として食べるのが1番効果的と言われています。
普段は朝食を抜いてしまいがち…という方でも、これなら手軽に毎日続けられますよね。
お子さんがいらっしゃる方などは、おやつの時間にホットヨーグルトを食べるようにするのもいいですね。

ダイエット目的でなくても、一人暮らしで栄養が偏りがち…という方でも楽々栄養が摂取できるのでおすすめです。

ホットヨーグルトで偏りがちな栄養をしっかりと摂取して、太りにくい体作りを心がけましょう!