気になる汗のにおいを体質から改善!


これからの季節、汗のにおい(体臭)がどうしても気になります。
どんなに気をつけていても、どうにもならないこともありますよね…抑汗剤スプレーを使っても、効果があるのはその時だけ。
気付けば、まただらだらと汗をかいてしまっている…なんてこともよくありますよね。

file6481249191029

そして汗と同時に気になるのが体臭ですが、実は汗だけがにおいの原因でないことをご存知でしょうか。
体臭の原因のひとつとして、腸内環境の悪化があるのです!!
腸内には100~200以上とも言われている常在菌がいます。有名なものだと、ビフィズス菌やウェルシュ菌といったところでしょうか。
これらふたつは善玉菌・悪玉菌と呼ばれていますが、腸内に悪玉菌が多く繁殖してしまうとアンモニアや硫化水素といった体臭の原因となるにおいが出てきます。
便秘などで腸内に便がたまった状態が続くと、腸内で発生した異臭が腸から吸収され、そのにおい成分が血液中に混ざって全身に運ばれます。
そうなると、運ばれたにおい成分が毛穴を通して体外へ排出されてしまいます。
毛穴から悪臭を放つということは、汗をかかなくても、体臭がくさいということになってしまうのです。

そこで大切なのが腸内環境を整えることです。
そのために有効とされているのが「ヨーグルト」
テレビCMなどで聞いたことのある方も多いと思いますが、ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれており、その乳酸菌は善玉菌のエサになるのです。
ヨーグルトを毎日食べることで、腸内の善玉菌をどんどん増やすことができ、腸内の環境が整うというわけです。
その結果、体内にある悪臭のもとを退治し、体内から排出されるにおいが抑えられるのです。

ただし、ヨーグルトが体にいいからと言って、食べすぎには気をつけましょう。
食べ過ぎてしまうと、かえってお腹がゆるくなってしまうこともありますので、適度な量を食べるようにしましょう。

ちなみにヨーグルト自体が苦手な方は「善玉菌のチカラ」のようなサプリもおすすめです。
ヨーグルトよりカロリーも低いんです。