後悔しない!断捨離を成功させて気持ちをスッキリさせる方法


引越しの季節なので、まだまだお部屋の大掃除中(断捨離)なんて方も数多くいらっしゃると思います。
仕方なく無意識に行っているその断捨離。実は今が1番向いている時期なのです。

file801343155029

今が1番!!というよりは、これからの時期、季節の変わり目が1番向いています。
なぜだか分りますか?
季節の変わり目…すなわち衣替えの季節です。衣替えの時期に、これから着る洋服や使うものだけを残して処分するチャンスなのです!!
とはいえ、1度に全て処分するのはなかなか大変ですよね。
何が必要で何が不要なのか、判断ができない…とお困りの方も多いのではないでしょうか。
悩みだすと全部必要なものに思えてきて、結局全て残してしまう…なんてことになりかねません。

そうならないように、絶対に後悔しない!「断捨離」を成功させる方法をご紹介します。

a0027_002336

●モノへの執着を捨てる●
断捨離を始める前の基本姿勢です。
モノへの執着を捨て、身の回りをスッキリさせるだけではなく、心もスッキリと軽くさせるつもりでスタートしてください。
基本的に「これは絶対に使うから残す!」と自分の中ではっきりしているもの以外は捨てるという考えで臨むことが大切です。
「これまだ使えるかな…もったいないから残しておこう…」という曖昧な考えは今すぐ排除してください。
断捨離を始める前に、要るものBOX、要らないものBOX、保留BOXを作っておくと便利です。
要らないものBOXに入ったものは(または、BOXごと)その場でさよならします。中身を開けて再度確認をする…なんてことはしてはいけません。1度要らないと判断したものです。あなたには必要のないものなのです。
保留BOXはあってないようなものだと思ってください。最初の段階で「絶対に必要なもの」と判断できなかった(しなかった)ということは、本当は要らないもの…という場合が多いのです。
保留BOXの中身を選別する際は「全部要らないもの」という気持ちで選別するといいかもしれません。

●洋服から始めること●
思い出がつまた写真や、本、手紙などは断捨離の手を止めてしまうものなので全て後回しにしてください。思い出に浸っていてはいつまで経っても断捨離が進みません。
思い出に浸らずに比較的スムーズに進められるのが洋服です。断捨離は洋服から始めましょう!
今、ここにある洋服を全て捨てて、新しい洋服を迎え入れる準備をするという気持ちで洋服断捨離をスタートさせてください。
もちろん捨てるだけでなく、まだ使えそうなものであれば、リサイクルショップへ持っていってもOKです。
着ていなくてもお気に入りだから残したい…と思うこともあるかもしれませんが、いくらお気に入りでもクローゼットにしまっておくだけの服を大切にすることより、また新しいお気に入りを見つける方が方が気分も晴れやかになると思いませんか?そしてそのお気に入りを着て、出かけませんか?

「痩せたら着る!!」なんて思って思って過去の服を残しておくのも無意味です。
痩せたら痩せたその時に、着たい服を改めて買えばいいのです。その時に自分に1番似合う服を選んで着る。今着ない服は全て不要と考えてください。
この服まだ着れるから寝巻にしよう!なんて絶対に思わないでください。
今の時代、1,000円もあれば可愛くて着心地の良いパジャマが買えます。
わざわざ、普段の服を寝巻にする必要はありません。
今、自分がその服を着たいかどうか、が問題なのです。

●新しいものへ意識を向ける●
おもしろい特集が組まれている、雑誌や新聞。何度も読み返しているうちに愛着が湧いて捨てられない…なんてことありませんか?

file0001258079460

雑誌や新聞は情報を発信する場です。時代は流れているので、常に新しいものが次から次へと生まれているのです。
どんなに愛着のある古いファッション誌を読んでいても、今の流行りは載っていません。「懐かしい」と思い出に浸るだけなのです。
いつまでも古い情報にとらわれずに、新しいものに意識を向けてください。

思い出も同じです。
写真や手紙などの断捨離を始める時に、いつまでも古い思い出にとらわれないようにしてください。懐かしんで手を止めてしまうのは仕方ありません。
急ぐ必要はないので、手を止めながらでも必要・不要の判断をしっかり行うことが重要なのです。
断捨離を行った分だけ、自分の身の回りだけではなく、心まで軽くなって新しい風を取り込むことができるのです。

●あったら便利は危険信号●
「あったら便利」は「なくても困らないもの」です。
余計なものを買いそうになってしまったときはこの魔法の言葉を思い出して、気持ちを思いとどまらせましょう。

さぁ!今すぐ断捨離をして身の回りをすっきりさせましょう。