万全なケアで赤ちゃんのようなモチモチかかとを手に入れる方法


厚手のコートやムートンブーツを脱いで、薄着でサンダルをはいて出かける季節が近づいてきました。
店頭には色鮮やかな可愛い春服が並んで、気分も華やいでいますよね。
しかし、どんなに可愛い服やサンダルを履いていても、冬の間に隠していた「かかと」や「ひじ・ひざ」がカサカサでは台無しです。
日頃、気をつけているようでも見えない部分は手を抜いてしまいがちです。
こうして冬の間に出来上がったカサカサは、簡単にごまかすことができません。
そこで今回は、デートや女子会の前日に「あっ、カサカサだった…」とならないように、ひじ・ひざ・かかとケアの方法とカサカサ肌の予防をご紹介します。

カサカサかかとの原因は?

ひじ・ひざ・かかとは、なぜカサカサになってしまうのでしょうか。
かかとがカサつくと冬の訪れを感じたり、寒い季節がやってくると同時にひび割れが起きるという方も多いのではないでしょうか。
カサつく原因は、皮脂量の違いにあるということをご存知でしょうか。
皮脂には、ヒフに油の膜を張って乾燥を防ぐ役割があり、顔・頭皮・背中は特に皮脂量が多い場所ですが、それ以外は皮脂量が少なく乾燥しやすいのです。
普段から念入りにお手入れしている顔に比べて、足や腕のお手入れは怠ってしまうという方も多いですよね。
そのため少しでも放っておくと、カサカサになってしまうのです。

また、肌でも負担のかかる場所の角質は自然と分厚くなっていきます。
かかとには常に全体重がかかっていますし、デスクワークなどをしている方は肘をつくことも多いと思います。
膝をついて作業をすることもあるのではないでしょうか。
こうして普段から刺激を受けている部分は、角質層が薄くなり肌内部の水分が徐々に蒸発して乾燥していきます。
乾燥を防ぐために角質層を修復するように肌が働き、どんどん角質が分厚くなっていくのです。

今すぐにできる簡単ケア!!

一昔前なら、軽石などで古くなった角質を削り落としてスッキリするという方法がありましたが、角質を削り落とすと、角質層を修復しようとして、さらに厚い角質を作り上げてしまい逆効果になってしまいます。
これを繰り返すと、取り返しのつかないことになりかねないのですぐにやめてください。

毎日のケアで大切なのは、入浴時にひじ・ひざ・かかとをていねいに洗うことです。
しっかりとした泡で洗うことで古い角質や汚れを落とすことができますので、角質が分厚くなるのを防ぐことができます。
入浴後は、保湿クリームをたっぷり塗って保湿してください。負担がかかっている分ていねいに塗ってあげることが大切です。

女子力を高めるスクラブケアがおすすめ!!

scrub

しっかりと保湿ケアをしていてもカサカサが気になるという方には、スクラブケアがおすすめです。
ドラッグストアなどで簡単に手に入りますし、価格も1,500円~2,500円程度です。
最近では、SABONなどのスクラブ専門店などもあり大変人気があります。
商品によって、香りや粒の大きさも違いますので自分好みのものを見つけて試してみてはいかがでしょうか。

放っておくとカサカサだけでなく、黒ずみなども気になるひじ・ひざ・かかとですが、しっかりとケアをしていれば赤ちゃんのようなモチモチ肌を保つことができますので、お試しください。