春の肌トラブルは「苺」と「桜」で解決できる?!おいしくて嬉しい美容効果とは?


暖かくて気持ちのいい季節といえば「春」ですよね。
ピンクやイエローなど、ファッションやメイクも明るい色使いが増えて楽しくなるのもこの季節ならではです。
季節の始まりでもあり何かと変化の多い春。
さまざまな植物が芽吹き、気温や環境が変わりやすいこの季節に肌荒れや体調不良を起こすという方も多いのではないでしょうか。
アレルギーなどで肌が最も敏感になるとも言われている春だからこそ、しっかりとケアしておきたいですよね。
そこで今回は、春の肌トラブルでお悩みの方必見!おいしい苺と桜でかわいいを手に入れる方法をご紹介します。

春のトラブルの原因は?

春のトラブルの主な原因として、花粉などのアレルギーが挙げられます。
これからの季節スギ・ヒノキの花粉が原因でくしゃみや目のかゆみが止まらない、いわゆる「花粉症」に悩まされている方も多いですよね。
マスクやメガネのせいでせっかくのメイクが台無し!!なんてこともありますよね。
そんな花粉などのアレルギーがもたらすトラブルは、鼻や目だけではなく肌にも大きな影響があるのです。
花粉症じゃないから大丈夫!!と安心している方も実は要注意なのです。

□春先になると乾燥が気になる
□冷え性
□アトピー性皮膚炎
□便秘症

これらの体質の方は春の肌荒れ・乾燥対策をすることをおすすめします。

春の肌には一体何が起こっているの?

花粉でダメージを受ける大きな理由のひとつが、肌のバリア機能の低下です。
春先は表面で肌の膜となる油分と水分のバランスが崩れてしまうことが多いのです。そのため外部からの影響を受けてしまいやすくなります。
バランスが崩れることで肌の内側も弱ってしまい、外部からの刺激に肌内部も影響を受けます。
こうして弱りきった肌はバリア機能が低下した状態となり、異物が入り込みやすくなっているのです。
この状態の肌に花粉がくっつくと、肌は熱を出して防御します。この「熱」こそが肌荒れに見える「炎症」なのです。
普段なら外からの刺激をガードしてくれている膜が弱っているので、その役割をしっかり果たすことができなくなっているのです。
こういった状態に陥らないためにも、バリア機能が低下しないように対策をとることが大切なのです。

苺と桜に含まれる驚きの美容効果

苺にはビタミンCが豊富に含まれていることはご存知の方も多いと思います。
ビタミンC含有量は果物の中でもトップレベルなので、積極的に食べたいフルーツのひとつです。
血液を作るのに必要な葉酸や、脂肪の代謝に効果的と言われているエラグ酸などが多く含まれているので肌にとてもいい果物なのです。
さらに、水溶性食物繊維のペクチンを含んでいるので便秘・むくみ解消などの効果も期待できる様々な成分が含まれています。
可愛らしい赤い小さな粒の中には、女性に嬉しい栄養がたくさんつまっているのです。

file2551276292157

桜の花びらから抽出されるエキスには、老化を進める原因のひとつである糖化を抑える働きをしてくれます。
糖化とは、体の中で余分なたんぱく質と糖が結びつき、それによってたんぱく質が劣化してしまう現象のことをいいます。
人間の体は主にたんぱく質でできていますので、それが劣化する=体が劣化(老化)してしまうのです。

桜のエキスにはその糖化を抑える働きだけでなく、シミを減少させる効果や、肌の潤いを補う効果、美白効果などが期待されています。
最近では、桜の花びらのエキスが配合されている化粧品などが各化粧品メーカーから発売されています。
また、桜湯や桜茶、桜もちなど、桜を使用した食品もたくさんありますので試してみてはいかがでしょうか。