乾燥するのは肌だけじゃない?意外と知らない爪の保湿対策


乾燥が気になるこの季節、お風呂上りにはボディクリームをたっぷり塗って保湿対策ばっちり!!という方がほとんどですよね。
腕や足はもちろん、腰、首など場所によってボディクリームを使い分けている方も多いのではないでしょうか。
私も、良い匂いに包まれて眠りたい…という思いから、デコルテから上はふんわり香るボディクリームを使うようにしています。

しかし、毎日しっかり保湿しているという方でも見落としてしまう場所があるのです。
それが爪(ネイル)です。
普段からジェルネイルなどで定期的にお手入れをしている方もいらっしゃると思いますが、職場がネイルNGだったりすると爪をほったらかしにしていませんか?
肌と同様に爪も乾燥していますので、放っておくとボロボロになってしまいます。
手の乾燥ばかりを気にしてハンドクリームで保湿していても、爪がボロボロだったら老けて見られてしまうことも少なくありません。
そこで、誰でも簡単に今すぐできる爪の保湿対策をご紹介します。

nail

爪の状態を知ろう!!

まずは、自分の爪をよーく観察してください。どの程度乾燥しているのかを知ることが大切です。
今まで乾燥を気にしたことがなかったという方でしたら、爪の表面にたての線(スジ)のようなものが入っていませんか?
そのたて線(スジ)こそ、爪が乾燥している証拠です。
乾燥がひどくなってくると、たて線だけでなく爪に凹凸ができることもあるので、そうなる前にしっかりとケアしてあげることが大切です。
普段、ネイルサロンへ通っている方はサロンでしっかりとケアしてもらっていると思いますが、セルフネイルしているという方は乾燥している可能性大ですので、1度マニキュアやジェルをオフしてしっかりと爪の状態を確認してみてください。

つやつやネイルを手に入れる手順

ネイルケアセットを用意するのが保湿への近道ですが、急にネイリストのようなセットを用意することは難しいですよね。
お金もかかるし、爪にそこまで…と思う方もいらっしゃいますよね。
そんな方にぴったりの自宅にあるもので簡単につやネイルを手に入れる方法があります。

step1. 指先をぬるま湯に浸す
乾燥している爪には甘皮がついていることがほとんどです。
35度~38度ぐらいのぬるま湯に5分程指先を浸からせます。
こうすることで爪の表面がやわらかくなり、甘皮などの汚れが落としやすくなります。

step2. ハンドクリームをこまめに塗る
1番大切なのはこまめに保湿することです。
そこで有効なのが、ハンドクリームです。普段からハンドクリームを使用している方がほとんどだと思います。
ハンドクリームには美容成分だけでなく、保湿に有効とされる成分が多く含まれています。
いつも通りハンドクリームを塗る時に、爪にも塗り込んであげてください。
今生えている爪を保湿することももちろん大切ですが、爪の周り(生え際)をしっかりとマッサージするように塗り込むと、たて線が入っていないきれいな新しい爪が生えてきます。

polish

最近では、ハンド&ネイルクリームなども発売されています。
手の乾燥のケアをすると同時に、ネイルの乾燥のケアもしてあげて若々しいネイルを手に入れましょう。