さよならぽっこりお腹!!ペタンコ腹を手に入れるための3つのストレッチ法


見た目はスリムで理想的な体型の人でも下腹だけ出ている、いわゆる「ぽっこり腹」で悩んでいる人は意外と多いです。
男女問わず、体のパーツで気になる部分として挙げられることの多いお腹回りですが、1度ついてしまった脂肪を取るのはなかなか大変です。
これからの季節、薄着をすることもないし、とりあえずたるんだままのお腹でもいいか、と思っている方。スポーツジムへ行く時間も余裕もない、腹筋などの筋トレも続かない…というわがままな悩みをお持ちの方!!
そんな方のために1日でも早くぽっこりお腹を解消するとっておきのストレッチ法をご紹介します。

腹筋に効く呼吸法を身につける!!

Breathing

「呼吸法を変えるだけで痩せる」と言われているほど、ダイエットと深く関係のある呼吸ですが、腹筋に効く呼吸法を身につけるということは大変なことではありません。
呼吸をしっかりと行うことで、インナーマッスルが鍛えらます。そうなることで、基礎代謝が上がり脂肪を燃焼しやすい体を作ることができるのです。
その代表ともいえるのが「ヨガ」です。
ヨガは、深い呼吸を意識しながらポーズを取ることで、ストレッチ効果を高めると同時に血液の流れを良くし、むくみ改善にも効くと言われています。
私たちは、呼吸をすることが当たり前になってしまっていることで、無意識のうちに呼吸が浅くなっていることが多く、効果的な呼吸ができていません。
普段から深い呼吸を意識して行うだけで腹筋(インナーマッスル)が鍛えられ、ぽっこりお腹が解消します。
しかし、ただ深い呼吸をしているだけでは意味がありません。
深い呼吸をする際は、常にお腹に意識を向けて下さい。吸うときはお腹に空気が入っていること、吐くときは空気が抜けていることをしっかりと感じてください。
そのことを強く意識するだけで、腹筋への力のかかり方か全然違います。

正しい姿勢を身につける!!

筋トレなど鍛えることばかりに気を取られて、見落としがちなのが「姿勢」です。
デスクワークなどで長時間イスに座っているという方も多いと思いますが、お腹に力を入れずに座っていると猫背になったり姿勢が悪くなってしまいます。
次第にその姿勢が楽だと思うようになり、お腹に力を入れることなくどんどんと悪い方向へ向かってしまいます。
姿勢は馴れです。
姿勢が悪くなってきたな…と感じたら、ぐーっと手を上に上げて伸びをして座りなおしてみてください。
それだけで正しい姿勢を保つことができます。

正しい姿勢を身につけるために、正しい姿勢を知る必要があります。
壁に肩をひっつけてまっすぐ立ち、軽くあごを引いてください。
これが正しい姿勢です。これを毎日欠かさず行うだけで正しい姿勢が身につき、腹筋が鍛えられます。

candy-cane

背筋を伸ばす!!

背中は自分では見えない部分なので、こちらも見落としがちですが腹筋をぽっこりお腹を解消するためには重要です。
背筋を鍛えると、腹斜筋と言われる脇にある筋肉が同時に鍛えられ、脂肪を上に引き上げる効果があります。
肩甲骨やその周りの筋肉を動かすことで、脂肪を燃焼しやすくする効果があります。

お金をかけず、簡単にペタンコお腹を手に入れましょう。