30日間返品無料!CMで話題のLOCONDO(ロコンド)でネットショッピングを楽しむ方法


テレビCMなどで話題のLOCONDO(ロコンド)をご存知でしょうか。
LOCONDO(ロコンド)とは、「買ってから選ぶ。」をコンセプトとした靴とファッションの通販サイトです。
その最大の魅力は、買ってから30日間返品無料で、もちろん返品送料も無料であるというところです。
年々、通販サイトが充実してきてネットでショッピングすること便利になってきていますが、洋服や靴を購入して手元に届いてから「サイズが合わなかった…」と思うことや、カラー展開が豊富な商品だと、悩んで買ってみたものの実物を見てから「やっぱり別の色にすればよかった…」など、試着できないゆえの悩みもいっぱいありますよね。
そんなネットショッピングをする上での悩みを全て解決してくれるのが「買ってから選ぶ。」通販サイトのLOCONDOなのです。

LOCONDO商品の購入から発送までの流れ

LOCONDOで購入したのは、「UGG australia(アグ オーストラリア)」の靴。
UGG australiaと言えばムートンブーツですが、今回はムートンブーツではなくANSLEY(アンスレー)という紐のないスリッポンタイプのシューズと、DAKOTA(ダコタ)という紐ありタイプのシューズを選びました。
どちらにするか悩みましたが、LOCONDOのコンセプトである「買ってから選ぶ。」に甘えてどちらも購入しました。
LOCONDOで買い物をするためには、無料の会員登録が必要です。これはほとんどの通販サイトで行いますよね。
簡単な会員登録を行い、UGG australiaを検索します。
サイト右上に検索窓があり、そこに検索したいワードを入力すると簡単に見つけることができます。
もちろん、ブランド名だけでなく「パンプス」「スニーカー」などでも検索することが可能です。
購入日時は、金曜日の21:30頃。サイトには最短で翌日着と記載されていますが、14時までに注文(入金)完了した場合に限りますので翌日着希望の場合は時間に注意してください。
今回は、金曜日に注文して土曜日には発送が完了されていたようです。
商品発送の際は、登録してあるメールアドレスにLOCONDOから発送メールが届くシステムになっています。

商品到着!その中身と梱包状態

発送後、翌日には手元に到着、運送会社はヤマト運輸です。
image

気になる中身と梱包状態はこちらです。
image

少し乱れて入っていましたが、これは配送する上でこうなってしまったものだと思われます。
商品そのものは乱れないように隙間部分にしっかりと紙が詰め込まれていました。
中身は以下です。
image
向かって左から、返品ガイド、返品用ヤマト運輸の送状(着払い)、広告が入っていました。

そしてこちらが納品書です。
image
個人情報の関係で商品名のみしか写していませんが、名前や注文番号などが記載されています。

商品の梱包状態はこちらです。
image

では、ひとつずつ開封していきます。
まずは、ANSLEY(アンスレー)のブラック。
imageimage
梱包等、特に気になる点はありません。

続いてDAKOTA(ダコタ)のエスプレッソ。
imageimage
こちらは靴を覆っていた靴を覆っていた内側の茶色の紙が少し破れていました。1度返品された商品かもしれません。
もしそうであっても、靴そのものは新品ですし、もちろん汚れなどありません。

「買ってから選ぶ。」LOCONDO試着方法

試着は同梱されていた返品ガイドに従い、室内で直接商品が肌に触れないよう靴下をはいた上で行います。
先ほどと同じくANSLEY(アンスレー)のブラックから。
image

DAKOTA(ダコタ)のエスプレッソ。
image
試着して選べるなんてとても贅沢です。これこそが、LOCONDOの魅力ですよね。
デザインはどちらも可愛くて悩みますが、同じサイズのはずのDAKOTA(ダコタ)が少し小さく感じたのでこちらを返品することにしました。
このようにサイズ感や履き心地が試せるのも、LOCONDOならではですね。

返品時の梱包、集荷依頼方法

返品する際に必要なものは、正しく試着された商品の他に、装飾品や付属品、納品書(返品数量と返品理由が正しく記載されたもの)が必要です。
返品ガイドの下部に、返品前のチェックリストがありますのでそちらを確認した上で返品しましょう。
image
返品ガイドには「返品時はLOCONDOの箱(または、商品のサイズに合った適当な箱)に入れてください」と記載されていますので、商品が到着した時の箱を再利用しました。
再梱包内容がこちらです。
image

梱包の際、隙間部分には新聞紙を詰め込んで配送途中で商品が動かないように固定しました。
納品書には、商品名が記載されている行の右側に返品数量と返品区分、具体的な返品理由を記載する欄があります。
返品区分については、納品書右下を参考にしてください。

imageimage

今回は、装飾品や付属品はありませんので返品したい商品と納品書を入れて梱包は完了です。
(不要かもしれませんが、返品チェックリストも一緒に梱包しました)
梱包を終えたら、同梱されていたヤマト運輸の送状(着払い)に自分の住所と名前を記載して貼り付けます。
image
宛先や品名欄は既に記載されているので、改めて記入する必要はありません。
あとは、返品ガイドにも記載されている通りヤマト運輸のフリーダイヤル(0120-01-9625)に電話をかけて集荷の依頼をします。
音声ガイダンスに従って番号を押すだけなので、簡単で安心です。
早いと依頼した当日集荷に来てくれます。
返品後、2~3日で返品受付のメールが送られてきます。その後、1週間程度で返金完了のメールも送られてきます。
返金方法については、購入時の支払い方法によって異なりますので、返品する際はガイドをよく読んでください。

返金方法の詳細

代金引換、コンビニ決済、ペイジー決済の場合は、銀行口座へ振込みとなりますので、事前に口座番号の登録が必要です。
銀行口座振込み以外にも、ギフトコードによる返金もありますので、お好きな方を選んでください。
今回、支払い方法をクレジットカード決済にしていましたので、返金手続き等は不要でした。
返金完了メールが送られてきましたので、クレジットカード利用明細を確認すると、このような形式で返金されていました。

set

1行目が購入時の明細、2行目が返金の明細です。
返金方法はクレジットカード会社によって異なりますが、引落し後に返品処理をした場合は翌月カード会社から返金されるようです。
引き落としがされていない場合は、キャンセル扱いとなるようです。
この場合は、引落とされる前でしたのでキャンセル扱いとなっています。

返金方法などに不安がある場合や、詳しく知りたい方は、LOCONDOのコンシェルジュへ直接お問い合わせください。
とても丁寧に対応してくれますので、ぜひ利用してみてください。
コンシェルジュ:0120-81-6510(平日:朝9時~夜9時 土日祝:朝9時~夜6時)

LOCONDOでネットショッピングを楽しむ方法まとめ

今までの通販サイトは、7日以上経過したものに関しては返品交換は不可、または返品可であっても返品送料は自己負担というサイトがほとんどでしたので、30日間も返品可でさらに返品送料無料、さらに返品時の運送会社の送状が最初から商品と一緒に同梱されているのがとても便利なサービスです。
また、返品するために面倒な手続きがないのもLOCONDOの魅力ですね。
実際にお店で買い物しているように試着ができ、サイズを確かめられるのも嬉しいですが、自宅で手持ちの服などに合わせて試着できるのが最大のメリットです。
大手ファッション通販サイトに比べると品揃えはまだまだ少ないですが、今後も利用したい通販サイトです。

日本最大級の靴とファッションの通販サイト ロコンド