目元の老化を防ぐだけで若々しい見た目を手に入れる方法


目元の老化といえば、目の下のたるみや、クマ、目尻のシワなどたくさんありますよね。
あるとき鏡を見て突然「ハッ」としたことはありませんか?
目元の老化は放っておくとどんどん進行するばかりでなく、自分で思っている以上に老けて見られてしまいます。
そこで今回は、目元の老化を防いで若々しい見た目を手に入れる方法をご紹介します。

Marguerite

●たるみの原因を知ることが解消への近道●
原因が分からないまま、やみ雲に予防や対策をしていても何の意味もありません。
まずはたるみの原因を知ることが解消への第1歩です。
1.まばたき
まばたき不足がたるみの原因のひとつなのはご存知でしょうか。
目の下のヒフは薄く、目の周りの筋肉も薄く衰えやすいです。
人はまばたきをする時、上眼瞼挙筋・眼輪筋という筋肉を使っており、またこの筋肉が皮下脂肪を支えています。
筋肉が衰えると、皮下脂肪を支える力も弱くなりますので、目の下にたるみができてしまいます。
この筋肉は老化だけではなく、パソコンやスマートフォン・タブレットを1日眺めていることによって普通よりもまばたきの回数が減ってしまうことで衰えてしまいます。
こまめに休憩を取ったり、ストレッチをするなどして予防してください。

2.化粧品
目元を華やかに見せるための化粧品(アイメイク)もやっぱりたるみの原因です。
薄いヒフの上に化粧品を塗ってしまうことで、化粧品に含まれる油分などが細胞に浸透してしまい、その重さで目の下が下がることがあります。
これがたるみの原因です。
日々のメイクは大事ですが、自宅へ帰ったらすぐメイク落としをしたり、休みの日はノーメイクで過ごすようにするなど、できるだけ負担をかけないようにしてください。

●目尻のシワの原因と対策●
シワの1番の原因は乾燥です。
肌トラブルの全ての原因は乾燥からきているといっても過言ではないくらい、乾燥は敵なのです。
肌が乾燥すると表面の角質が硬くなってしまうのはご存知ですよね。
そのせいで、弾力が失われ、外的刺激に弱くなり、表情の動きなどにも耐えられなくなってしまい、シワがつきやすくなってしまいます。
肌への水分補給は欠かさず行っていただくのが1番ですが、もし怠ってしまったら、保湿パックなどをして集中補給すれば間に合いますので、しっかりと肌に水分を入れてあげてください。

●目を大きく見せるために●
大きな目が自慢だったのに、最近目が小さくなったように感じる…という方はいらっしゃいませんか?
目が小さく見えてしまうのは、上まぶたのたるみが原因です。
まばたきをする際、上眼瞼挙筋を使用していますが、この上眼瞼挙筋は眼精疲労や紫外線の影響、まぶたをこする…などが原因で正常に働かなくなります。
そうなると、上まぶたが開きづらく、重く感じてしまいます。
まぶたをしっかりと開け、目を大きく見せるためには、まばたきをしっかりとして筋肉を鍛えてあげることが大事です。
目をぎゅっとつむり、パッと開ける運動をすると効果的です。
ぜひ、お試しください。