敏感肌のニキビや肌荒れを治す正しい洗顔方法


季節の変わり目や、乾燥など何かとトラブルでが多いこの時期。
とくに敏感肌の方は悩みも多いのではないでしょうか。
ただでさえ敏感になっているのに、ニキビやその他の肌荒れがおきてしまったら…と考えるだけでつらいですよね。
そこで今回は、敏感肌のニキビや肌荒れを治す正しい洗顔方法をご紹介します。

file000975936314

●洗顔方法の見直し●
肌のことを思って…と一生懸命選んでいる洗顔石けん、実はそれが肌荒れの原因かもしれません。
と、言っても石けんに問題があるのではなく、ゆすぎに問題があるのです。
朝晩の冷え込みが厳しいこの季節、熱いお湯で顔をゆすいでいませんか?
熱いお湯で手を洗うだけでも手荒れを起こしてしまうほど、熱いお湯は肌には大敵です。肌を乾燥させてしまうだけでなく、敏感肌にしてしまうこともあるのです。
洗顔の際は、ぬるま湯か水でゆすぐように心がけましょう。
また、市販の石けんのほとんどがアルカリ性です。
アルカリ性の石けんは、肌の潤いを奪ってしまいます。
そうなると悪循環に陥ってしまいますので、成分表などでしっかりと確認をしてください。

●手のひらで優しくいねいに●
しっかり汚れを落としたいからと言って、クレンジングブラシや布などで顔を洗っている方もいるかもしれませんがこれらは基本的にはNGです。
肌はとても敏感ですので、少しの刺激でもダメージを受けてしまいます。
泡立てネットなどでしっかりと泡立ててから、優しくていねいに洗ってあげてください。
ニキビや赤みなどのトラブルがある場合は、しっかり洗うというよりは、優しくなでるように洗ってあげるといいでしょう。

●洗顔後はしっかりとした保湿ケアを●
最後に大切なのは洗顔後の保湿ケアです。
いくらていねいに洗顔したからと言って、保湿ケアを怠っては元も子もありません。
ニキビや赤みが出ているところは刺激を与えると逆効果になってしまう場合もありますので、これらの箇所を避けてしっかりと保湿してあげてください。
また、ニキビや赤みがひどい場合は自分自身で判断せずに、皮膚科などを受診してください。