今からでも遅くない!!冷え性から体を守る方法


これからどんどん寒くなる時期…冷え性の女性にはつらい季節になりますよね。
気温が下がり、体が冷えると冷え性だけではなく、全身のむくみ(特に足)や免疫力の低下などの症状も出てきますよね。
完全に冷えてしまってからのケアでは間に合わないこともありますので、寒くなる前からしっかりと寒さ対策をしておく必要があります。

そこで今回はつらい冷え性から体をしっかりと守る方法をご紹介します。

file0001905976986

●手足の冷えはマッサージで解消●
冷え性の中でももっともつらいのが、手足の冷え。
体が冷えるとどうしても手足が冷たくなり、血行が悪くなりむくみが出やすくなります。
そのむくみ解消のためにも行うのが、マッサージです。
指先を強くつまんだりゆるめたりを繰り返すと、だんだん血行が良くなり、指先がぽかぽかと温かくなってきます。
そのままマッサージするだけでもOKですが、お風呂などで温めながら行うと効果的です。

●冷えた体には温かい飲み物を●
内臓が冷えると体全体が冷えると言われていることをご存知でしょうか。
寒いと感じているときに冷たいものを飲んでしまうと、内臓の熱が奪われて冷えてしまいます。
体を冷やさないようにするためにも、温かいものを飲んで内蔵を温めてあげるといいでしょう。
体を温めてくれるものの代表と言えば「生姜」ですよね。
いつものお茶やスープに生姜を少し加えるだけで、体が温まりやすくなります。
いつもは冷たいものを好んで飲んでいるという方も、冷えが気になるのでしたら温かいものを飲むように心がけましょう。

●「首」を外気からシャットアウト●
首を寒さから守るものと言えば「マフラー」ですが、実はそれだけではありません。
と、言うのも「首」とはひとつだけではないからです。手首・足首のことを忘れてはいませんか?
冬場にマフラーを巻くだけで冷え方が全然違うように、手首を手袋で守ったり、ブーツなどで足首を守だけで寒さが和らぐのです。
自宅でくつろいでいるときも、冷えないようにできるだけ靴下やレッグウォーマーなどを履くようにすると良いでしょう。

冬場の冷えは大敵ですので、冷えから体を守るようにしてください。