内側の乾燥肌、インナードライのスキンケア方法


気温の変化も激しくなるこの季節、昼間は肌がべたついているからオイリー肌用のスキンケアをしていると、夜には肌がかさついている…なんて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
季節の変わり目で肌の調子が良くないのかな…と勘違いしている方が多くいるようですが、実はそれ肌の内側が乾燥している「インナードライスキン」かもしれまません。
そこで、内側の乾燥肌インナードライのスキンケア方法についてご紹介しましょう。

IMG_8654___

●肌のべたつきの原因とその解決法●
一見、べたついているように見える肌でも、メイクのノリが悪かったりところどころにかさつきがあったり…それは全て肌の内側の乾燥が原因です。
わたしたちの体内は常に敏感に肌の調子を読み取ってくれています。
肌の内側が乾燥してくると、それ以上肌が乾燥しないように皮脂を多く分泌して、肌の乾燥を防ごうとします。
そのため、肌の表面がテカテカとべたついているような状況に陥るのです。
そうなってしまうとオイリースキンケアをしてしまいがちですが、そんな時こそドライスキンケアをするように心がけてください。
肌のSOSをしっかり読み取ることが大事なのです。

●インナードライスキンケア方法●
肌は乾燥してしまうと外からの刺激に弱くなるのでしっかりと保湿ケアしてあげることが大切です。
「保湿ケアのし過ぎ」ということはありませんので、少しくらい不足しても大丈夫かな?なんて思わずに、肌の奥の奥まで水分をチャージしてあげてください。
化粧水はしっかりとしているから安心!!といって、最後に乳液や美容液などでフタをしていない…なんてことはありませんか?
全てを終えた後にフタをしてあげなければ、せっかくチャージした化粧水(水分)が外へと逃げ出してしまい、結局は乾燥してしまうのです。
逃げてしまわないように、乳液でフタをするまでが乾燥を防ぐためのスキンケアです。
最後の最後までしかkりとケアをして、インナードライスキンを防ぎましょう。