食べないダイエットは危険?!ダイエットの正しい知識を身につけよう!!


栄養過多やカロリーの摂取量が多いからといって、極端に摂取カロリーを減らすなどのダイエット法を行っている方も多いのではないでしょうか。
確かに「消費カロリー<摂取カロリー」では体重は増加してしまう一方ですが、一定の期間、極端に摂取カロリーを減らしてしまうと、体が栄養失調状態となってしまいます。
そうなることで、次第に痩せにくい体(逆に言うと太りやすい体)を作り出してしまいます。

そこで!!
正しいダイエットの知識を身につけて、健康に美しく痩せる方法をご紹介します。

file1101281902715

●栄養不足太りの原因●
栄養不足太りとは、栄養失調であるから太るということではなく、摂取する栄養が偏っていることを指します。
太る原因はカロリー、すなわち、炭水化物・脂質・たんぱく質といった三大栄養素が太ると思われがちです。
この三大栄養素を摂取しないようにする(食べる量を極端に減らす)などのダイエットを行うと、それ以外に必要なミネラルやビタミン不足が伴い、栄養不足の状態になると考えられています。
炭水化物・脂質・たんぱく質は体内に摂取されると、消化→分解→吸収という代謝が行われており、この代謝にはミネラルやビタミンが必須栄養素となるのです。
従って、食べる量を減らすことで代謝に必要なミネラルやビタミンまで摂取できなくなり、体に脂肪を溜めやすくなってしますのです。

●食生活の改善●
ダイエットの敵と思われているご飯(お米)ですが、玄米には炭水化物だけではなくミネラルやビタミンも豊富に含まれているので、普段のご飯を玄米に変えるだけでもOKです。
また、パンや麺類などにはミネラルやビタミンはあまり含まれていないので、これらを多く食べ過ぎてしまうと栄養不足太りになってしまうと言えるでしょう。
また、ミネラルやビタミンを補う食事をしなくなると、今まで体内に蓄積していたミネラルやビタミンを使って代謝を行うので、そうするとどんどん栄養不足になり悪循環となります。
栄養不足(栄養失調)太りにならないために食生活を改善することが大事なのです。
ミネラルは海草に多く含まれているのはご存知の方も多いと思います。
普段のサラダに海草をプラスするだけで、簡単にミネラル摂取ができます。
ひじきや切り干し大根などにも多く含まれていますので、和食中心の食生活を心がけるといいでしょう。

難しいことをする必要はありませんので、いつもの食事にプラスするだけで簡単にダイエットはできるのです。
ぜひ試してみてください。