若さを保つ秘訣は…成長ホルモンの分泌?


いつまでも若くありたい!若いと言われたい!など、誰でも1度は思ったことがあるのではないでしょうか。
しかし、何もせずに若いままでいられるなんてことはありえませんよね。
「何もしていないんですよ」なんて言っている人ほど、実は影で並々ならぬ努力をしている…なんてこともありえますよね。

そこで!!成長ホルモンの分泌を促進させ、若さを保つ秘訣をご紹介しましょう。

rainbow

●成長ホルモンと若さを保つ関係●
成長ホルモンが若さを保つためにどんな働きをしてくれるのか、気になりますよね。
成長ホルモンとは別名「若返りホルモン」と言われているほどで、その関係はとても深いものなのです。
しかし、これは加齢とともに減少していきます。
大人の成長ホルモンの1日の分泌量はティースプーン1杯程度の本当にわずかな量なのです。
このちょびっとの分泌量を増やすことで、若さを保つことができるのです。

●1.適度な運動●
毎日何時間も激しい運動をする必要も、ジム通いをする必要もありません。
自宅で簡単にできる、ストレッチや屈伸運動などで十分なのです。
無理のない、ゆったりとした運動でもゆっくりと筋肉に負荷をかける運動をすることで、若返りホルモンが分泌されます。

●2.きちんとした食生活●
まずひとつめは、食生活です。
3食、だいたい決まった時間に食事をされている方なら問題ありませんが不規則な食事をされている方、また、寝る前に糖質を摂ってしまう方は要注意です。
アルコール類や、お菓子、パン(ご飯・麺類)などです。
こういった糖質は、体内に入ると血糖値を上げてしまう食べ物です。
血糖値を処理するためにインスリンと言われるホルモンが分泌され、分解してくれます。
このインスリンが血液中に残っている間は、大事な成長ホルモンが分泌されません。

このような生活を続けていると、いつまで経っても成長ホルモンは分泌されないままなのです。
毎日同じ時間に食事をすることは難しいかもしれませんが、できるだけ決まった時間に、無理でも夜遅くの飲食はできるだけ控えてください。

●3.満足のいく睡眠●
寝る子は育つ!!とはよく言ったもので、本当にその通りなのです。
睡眠を促す「メラトニン」と呼ばれるホルモンがあり、これも成長ホルモンと同様、若返りホルモンと呼ばれています。
メラトニンは、寝ている間に体内の酸化による損傷を抑え、老化の原因である活性酸素を除去する酵素の働きを高めてくれるのです。

このメラトニンは、暗くなると分泌されるホルモンです。
従って、目から入るスマートフォンやタブレット、テレビなどの光は大敵です。
眠りにつく1時間前は、これらを見ないようにゆったりとした時間を過ごすと、若返りホルモンの分泌が活発になります。

以上のことを少しずつ行っていくことで、成長ホルモンの分泌が活発化され、若返ることができます。
ぜひ試してみてください。