初対面の人に好感を持ってもらえる3つの魔法


初対面の人と関わるのが苦手、人にどのように思われているのか正直不安…
と、普段から(または無意識に)思っている方は案外たくさんいらっしゃるようです。
人にどのように思われているか、その答えは簡単で、「何とも思っていない」がほとんどです。
しかし、人にどのように思われているのかと1度考えたらキリがなく、悩み続けてしまう気持ちもよくわります。
そこで、初対面の人に必ず好感を持ってもらえるたった3つの方法をご紹介しましょう。
これを習得すれば、明日から誰にどのように思われているかなど気にならなくなるはずです。

①笑うときは声に出して、できるだけ大げさに笑う
_DSC0573

ムスっと話を聞くのではなく、ニコッと微笑むだけでも相手に与える印象は変わります。
それは大人から子ども、赤ちゃんにまで共通で言えることですよね。
しかし、初対面の人に好感を持ってもらうには、これだけでは弱すぎます。
口元だけで微笑んでいても、「本当に心から笑っているのだろうか」と思われてしまうことがありますが、大きな声を出して笑うと裏表のないはっきりした人間だと思われ、好感を持たせることができます。
笑顔を作るだけではなくできるだけ大きな声でおおげさに笑うようにしましょう。

②相手の眉間を見つめる
初対面が苦手と思われている方の中には、相手の目を見て話すことが苦手と思われている方も多いのではないでしょうか。
目を見て話すのは苦手だけど、相手の顔を見ずに話すのは失礼ですよね。せっかくの会話が台無しになってしまうかもしれません。
そこで、目を合わせなくてもいとも簡単に、会話の途中でアイコンタクトが取れる方法があります。
それは「相手の眉間を見つめること」です。
相手の眉間を見つめているだけで、相手は「しっかり目を見て会話をしてくれている」と思うのです。
実際には目を合わせていなくても、会話に合わせてうなずいたり、微笑むだけで相手に好印象を与えられます。

③相手の名前を呼ぶ
もしかしたら、これが1番簡単で効果のある方法かもしれません。
たとえば、「お休みの日はどのようにお過ごしですか?」と質問する場合、「鈴木さんはお休みの日はどのようにお過ごしですか?」と質問してみるだけで印象がまるで変わります。
名前を呼ぶだけで一気に相手との距離が縮まりますので、この人と仲良くなりたいな…と思うのであれば、積極的に相手の名前を呼んで会話を進めるといいかもしれません。

Sunflower

今からでもすぐに実践できることばかりですので、ぜひ試してみてください。